SERVICE Web advertising Management インターネット広告運営代行

Web広告とはは、インターネットのWebサイトやスマートフォンのアプリなどに掲載される広告を指します。
新聞やテレビCMなどのマス広告に比べて低コストでターゲットを絞った配信ができること、また効果測定がしやすいことから、幅広く利用されるようになりました。

インターネット広告には以下のようなメリットがあります。

少額の予算で始められる

インターネット広告の料金体系には、広告が表示された回数によって課金される「インプレッション課金(CPM)」や、ユーザーが広告をクリックしたときだけ課金される「クリック課金(CPC)」など数種類があります。1クリックされたときの単価や広告費の上限を設定することもできるため、比較的少ない予算で始められます。

ターゲットを絞りやすい

インターネット広告は、ターゲットを絞った配信が可能です。検索連動型広告は、特定のキーワードでWeb検索をしたユーザーの検索結果ページに広告を表示させることができます。ユーザーの居住地、年齢、性別などの属性情報や、どのようなWebサイトを閲覧したかという行動履歴をもとに、商品やサービスに興味を持ちそうなユーザーにだけ広告を配信する手法も効果的です。

効果測定がしやすい

インターネット広告はマス広告と比べて効果測定が容易です。広告の閲覧数やクリック数、広告経由の問い合わせ数や商品購入金額といったデータを、すぐ次の施策に反映させることができます。広告の費用対効果をリアルタイムで把握し、より効率的な運用へブラッシュアップしていくことも可能です。

運用しながら変更や改善ができる

広告配信を始めてから変更や改善ができる点もインターネット広告の強みです。インターネット広告では、ABテストを繰り返して最も効果のある広告内容に絞ったり、広告効果を確認しながらターゲットや配信のタイミングを調整したりすることができます。継続的に運用の改善に取り組むことで、成果を創出し、ノウハウを蓄積していきます。

インターネット広告の種類

インターネット広告にはさまざまな種類があります。それぞれの特性を知り、目的に合った広告を選ぶことが大切です。

検索広告Google / Yahoo

GooogleやYahoo!の検索エンジンでユーザーが検索した際に、検索したキーワードに応じて表示される広告です。ユーザーが実際に検索キーワードに関連した広告が表示されるため、購買意欲の高いユーザーにアプローチができるというメリットがあります。
すでに商品やサービスを知っている顕在層に適した広告となります。

ディスプレイ広告Google / Yahoo

ディスプレイ広告とは、WEBサイトやアプリなどの広告枠に表示されるバナー形式の広告のことです。年齢や性別、過去のサイト閲覧履歴をもとにした興味関心などで細かくターゲティングして配信することが可能です。
まだ、自社の商品やサービスを知らない潜在層に適した広告となります。

動画広告Youtube

主に、Youtubeで展開されている広告です。インプレッション(表示回数)に応じて費用がかかるケースが主です。
ユーザーが見ようとしている動画の前後や途中に再生されるインストリーム広告、スキップができない代わりに6秒というスポット的なバンパー広告があります。
※動画広告は制作から考えると広告費用も膨らみますが、既に制作済みの動画がある場合には特にお勧めしています。

SNS広告facebook / Instagram / LINE

SNS広告は「今すぐに欲しい!」という顕在層ではなく、幅広い層への認知目的で利用することが多い広告です。
個人情報を入力して利用するSNSも多いため、ターゲットの精度が高い広告とも言われています。

Google Partner

弊社はGoogleの
認定パートナーです。

弊社は、Google広告に関する専門的な知識と実績をもつことを証明するGoogle Partnersの認定代理店です。

弊社スタッフはgoogle広告
認定資格を持っています。

認定資格はgoogleに認められたエキスパートの証です。
Google 広告の認定資格は、Google 広告に関しての基礎および上級レベルの知識を持った個人に Google から送られるプロフェッショナルの認定基準です。この資格を持ったスタッフがあなたの商品・サービスの広告を責任を持って運用いたしますので安心してお任せいただけます。


WEBプロモーションにお悩みの方は、ぜひお気軽に弊社までお問い合わせください。